教育ローン審査通るか?-教育費がピンチ!

教育費ってお金がかかりますよね。教育ローンを借りるならどこがおすすめなのでしょうか。
マカロン
ナポレオン
HOME

教育ローン審査は甘い?厳しい?

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申し込むことは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

教育ローン審査は甘いと嬉しいですけどそうもいかないでしょう。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

バンクイックやプロミスなどで借りる教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

またモバイルバンキングで借りる教育ローンも最近では人気です。

返済期間は長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額は増加していきますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

銀行の教育ローンであれば普通は、金利が低い商品が多いです。


ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

スマホで借りる教育ローンも人気です。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

給与振込の口座として使っていたりや住宅ローンを利用していると金利が安くなる銀行もあります。


バンクイックやプロミスなどで借りる教育ローンの申し込み方法を紹介します。


申し込み方法には郵送やインターネットなどがあります。インターネットで申し込みが時間が早いそうですね。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?バンクイックやプロミスなどで借りる教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意点は融資機関によっては保育園の費用や習い事には利用できないローンがある事です。

教育費が高額と悩んでいませんか?

アルバイトでも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人でなければいけません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

教育費が高額と悩んでいませんか?

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

教育費は国が貸してくれるものや民会のものなど様々です。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国のバンクイックやプロミスなどで借りる教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。


教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円まで融資を受けることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。

子供の人数や保護者の年収(所得)によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

使途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?除籍や退学を迫られる可能性もあります。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

しかし借金ですので返済できるか計画を立てることも大事ですね。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付(国のバンクイックやプロミスなどで借りる教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

お金を借りるのですから返済計画はしっかりしておきましょう!

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

またモバイルバンキングで借りる教育ローンも最近では人気です。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

さて教育ローンの申し込み方法はむずかしいのでしょうか。

銀行や国などにもよりますが申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

母子家庭や契約社員の方でも借りれる教育ローンはたくさんあります。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

アルバイトやパート主婦の方でも借りれる教育ローンは多数あります。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。


道

メニュー


Copyright (C) 2014 教育ローン審査通るか?-教育費がピンチ! All Rights Reserved.